鏡を見る人

技術力の高い医師を選ぶ

注射器

極細の針でリスクを回避

手軽にできる美容施術として、ボトックス注射が人気です。しわ取りや部分痩せ、わきがや多汗症の改善など、注射一本で改善できるのがメリットです。安全性が高く、大きな副作用は報告されていないものの、小さな副作用が出ることもあります。そこで、ボトックスの副作用と、回避方法をご紹介しましょう。ボトックスの副作用として一般的に知られているのが、表情の不自然さです。表情筋によってできるしわを改善するために、眉間や額に注射した場合、筋肉が上手く動かず、表情がひきつったようになったり、固まってしまうことがあります。ボトックスには、筋肉の動きを鈍くする作用があるため、表情筋を動かしてもしわができなくなるのですが、製剤の量が多かったり、打つ場所によっては、効果が強く出すぎてしまうことがあるのです。別の部位にボトックス注射をすると、回復させることも可能ですが、ほとんどの場合、症状は1週間から2週間で落ち着きます。ボトックス注射の経験が豊富な医師の施術を受けることにより、リスクが回避できます。その他のボトックス注射の副作用として、頭痛があります。注射を打ってから、数時間後に現れることが多いようですが、痛みは一時的なものです。多くの場合は、その日のうちに痛みは取れますが、何日も頭痛が続く場合は、医師に相談したほうが良いでしょう。そして、ボトックスの副作用には、腫れや内出血もあります。皮膚が薄い部分に注射をした場合、まれに起こる症状です。これは、ボトックス注射に限らず、どんな種類の注射にも起こりうる副作用です。腫れは、蚊に刺された時のようにぷっくり膨らみますが、3日以内に解消されます。内出血は、全ての赤みが消えてなくなるまでには、10日から2週間ほどかかります。極細の針での注射なら、腫れや内出血をする確率が少なくなるでしょう。このように、ボトックスの副作用は、医師の技術や、針の太さなどによるものが大きいため、施術を受ける病院を選ぶ時には、そのことも踏まえて検討するのが賢明です。一時的な副作用であっても、出ないにこしたことはありません。