クリニックの選び方が大事

女の人

修正はとても困難

ボトックスは元々は脳梗塞などで筋肉が緊張してしまったことで動かしにくくなった身体を動かしやすくするために利用されていますが、整形においては小顔効果を期待することが出来、若い女性から人気です。そんなボトックスはエラに打つことで顔の筋肉の緊張をほぐして小顔にするというシステムの治療ですが、副作用ももちろん存在します。そのため、顔が小さくなるだけでなく副作用があることもしっかり理解して利用しなければいけません。ボトックスの副作用で多いのが「頭痛」です。元々筋肉を弛緩させるものなので、片頭痛や緊張型頭痛の治療にも利用されています。これらの頭痛の原因には肩・首回りの筋肉の緊張が挙げられ、ボトックスを使ってこの緊張を解くことで症状を改善します。ですが、普段から健康的な生活を送っている人の場合、顔に注射を打つので顔はもちろん顔から近い首や肩の筋肉の緊張が必要以上にほぐれてしまうことがあります。そのために筋肉のバランスが崩れてしまい、頭痛を引き起こしてしまうのです。ひどいときは吐き気を訴える人もいるので、薬で副作用が出たことがある人は特に注意して施術を受けましょう。また、ボトックスに限らず顔に異物を入れると、身体が拒否反応を示してしまうことが多いです。ボトックスの場合も顔が熱を持っている感じがしたり、内出血や腫れといった症状が出ることもあります。大体の人がこれを経験しており、1週間から長引いて1か月でこの症状は消えるので問題ありません。しかし、あまりにもこの症状が長引くようであれば再度施術を受けた美容整形外科を受診してみましょう。また、ボトックスは筋肉に直接注射を打つものであり、一度失敗してしまうと元に戻すのがとても難しいです。そのため、多くの美容整形外科などで取り扱っている施術ではありますが、とても難易度が高く、しっかり顔の筋肉の仕組みや位置を理解している医師に頼みたいところですよね。近年人気の施術なので、資格を持っていない人が無断で施術っを行っている悪質なサロンもあります。ボトックス注射に失敗してしまうと、目が開きにくくなったり、笑顔など表情を出しにくくなるといったこともあり、これがなかなか治らないとなるとしっかり吟味して美容整形外科を選ばなければいけないと言えるでしょう。

おすすめ関連リンク

  • ボトックスしたい人のサイト

    エラの縮小や多汗症の改善に効果的なボトックスには副作用のリスクがあります。そのため、事前に基礎知識を知っておきましょう。
  • ボトックスしたい人のサイト

    ボトックスの副作用などをしっかり理解することが大切なんです。良いも悪いも知っておくべきですよ。知りたいならこちら。

妊娠中はNG

先生

ボトックス注射の副作用である顔の腫れはどうしても避けることが出来ませんが、それほど腫れないのでメイクで隠せる程度であり、気にする必要はありません。妊娠中は胎児に悪影響を及ぼしてしまうのでボトックスを利用してはいけません。

腫れは目立たないから安心

注射

ボトックス注射の副作用である顔の腫れはそれほど酷くはなく、化粧で誤魔化せる程度なので翌日の仕事などに影響が出ることはありません。1週間程度で腫れも引くので、ボトックス注射は気軽に利用できて便利な美容整形と言えます。

時間に余裕をもった施術を

医者

ボトックス注射の副作用としては顔の腫れや内出血と言った症状が挙げられます。入れる量が少量なので腫れも少し周りから見て違和感を感じる程度ですが、疲れが原因となって悪化してしまうこともあるので1、2日程度休んだ方が良いでしょう。

技術力の高い医師を選ぶ

注射器

ボトックスの副作用は、表情の不自然さや頭痛、腫れや内出血があります。副作用を回避するには、ボトックスの技術に優れた医師に施術してもらうほか、極細の針を使っている美容整形外科を選ぶなどの選択肢があります。

注射で簡単に施術

女性

ボトックスは注射で簡単に注入できる美容整形の方法の1つで、筋肉を収縮させる効果がありシワのばしや小顔になるための整形からふくらはぎを痩せさせるなどの整形に利用されています。注射を刺すだけの簡単な施術なので、副作用の心配が少なく人気です。